3月 15

RG400ガンマ 

Tag: スズキboss @ 14:14:32

p1120479.JPGキャブレターO/H 復活作業







p1120480.JPGp1120481.JPGスクエアー4エンジンです。お客様が車両を引っ張って

来られましたので復活させていきます。まずは定番の

キャブレターのO/Hから行って行きたいと思います。


p1120483.JPGp1120482.JPGとりあえずカウルを取り外しました。なんかスゴイ

作りですねー。メカメカしいエンジンルームです。この車両を

店においているとよく懐かしいとおっしゃられています。


p1120484.JPGp1120485.JPGエアクリーナーダクト取り外しました。少し

写真がボケて撮影されてしまいましたね。ホースがいっぱい

出ていますので忘れないように記憶しておきます。


p1120487.JPGp1120486.JPGキャブレター取り外し完了いたしました。

よく見るとエアスクリューの位置やチョークの有無、ガソリンの

供給口など、すべてのキャブレターの形が微妙に違います。


p1120488.JPGp1120490.JPG分解していたのですが大問題発生です。写真右の#2番の

キャブのフロートピンの相方が完全に折れています。恐らく圧入ピンを

抜くときに折ったのでは?オーナー様に相談です。


p1120492.JPGp1120491.JPGと言う訳でスズキ純正部品が手に入りました。箱の品番ラベルが

色あせていますので相当前の部品なのでしょう。O/Hを進めるため

残りのJET類を清掃しました。きれいな金色に戻りました。


p1120493.JPGp1120494.JPG次に油面のチェックです。マニュアル値は17mmです。新品を含めて

すべて調整完了。次に同調です。写真右のマイナスドライバーの先にある

マークをすべてのキャブで同じ位置に来るように同調を取ります。


p1120495.JPGp1120496.JPG排気バルブの合わせマークの確認も行いました。

エアフィルターを新品に交換している最中にプラグコードの2番と3番が

逆にささっていましたので正しい場所に訂正しておきました。


p1120510.JPGp1120511.JPGプラグを交換しましたが各気筒変な焼け具合です。

オイルポンプの吐出量は2分間で2000回転を維持し、ポンプレバーを

全開にして5.3cc-5.8cc。計測するのが大変でしたがOKです!



p1120609.JPGp1120608.JPGそしてチェーン交換を行いました。写真左は取り外したチェーンです。

かなりきてました・・・交換してかなりリアホイールの回りがよくなりました!

初期のグリスを拭き取り最後にチェーンルーブを吹きかけて車検に行ってきます。



コメントを残す